保険代理店による補償プランの勧誘の違い

事故対応や補償プランの費用について

自動車保険には、代理店経由で契約する「保険代理店(代理店型)」とインターネットや電話経由で保険会社と契約する「ダイレクト型(通販型)」があります。保険代理店での補償プランとダイレクト型で、何か違いはあるのでしょうか?まず、事故対応についてですが、事故相手との示談交渉は保険代理店とダイレクト型でほとんど違いはありません。示談交渉は代理店型であっても保険会社が行うことになります。

つぎに、保険代理店とダイレクト型では保険料に違いがあります。ダイレクト型自動車保険の場合、保険会社と契約者とのやりとりのみが行われますが、代理店型自動車保険は見積もりや申込手続きなどを自動車販売店などの代理店で行うため、手数料や地方の営業所の地代、人件費などのコストもかかることになるでしょう。その分、保険代理店の補償プランの費用の方が高くなる傾向にあります。

対面でのアドバイスやサポートがある

また、契約時のフォローについてですが、ダイレクト型では、コールセンターへの電話や公式サイト上のチャットで質問をすることで、相談に応じてもらえます。一方、保険代理店の場合、基本的に各地の代理店で申込などの手続きや契約について、担当者と対面で話を進めることになります。そのため、補償内容について、気になる点があれば確認しながら契約をすすめることができ、その後のサポートもしっかりしているでしょう。たとえば、代理店にすべて任せたままにせず、担当者のアドバイスを受けながら補償プランを立てていくことが大切になります。もし、対面でしっかり補償内容についてのアドバイスやサポートを必要とする場合は、保険代理店がおすすめです。