通販型自動車保険のメリットとデメリット

圧倒的な保険料の安さ

通販型自動車保険のメリットとして最も大きなものが、対面型と比較をして保険料が圧倒的に安いという点にあります。基本的に価格と品質は比例するものですから、安ければ品質はそこそこで、高ければ品質もそれに見合ったものとなります。しかし、保険に関して言えば補償内容が同じであれば、保険料が安くても高くてもいざとなったときに受けられる補償は変わりません。そのため、保険のことをよく理解していて手続きは自分で行えるとなれば、通販型自動車保険の保険料の安さは非常に魅力的だと言えるでしょう。また、直接人と対面するわけではないので、申し込みをする時間を問わずに深夜であろうとも早朝でも手続きができるのも利点となります。

手続きを全て自分で行う必要がある

知識があればメリットの大きい通販型自動車保険ですが、知識に乏しかったり手続きに不安を感じる人はプロの手助けがないというのはデメリットになります。対面型であれば補償内容や手続きの仕方について不明点があれば、その場で質問をすることができますが、通販型自動車保険であれば全て自分で調べて理解しなければなりません。通販型自動車保険であれば書類の記入についてもスタッフを任せることができるので、記入漏れを避けることができますし、内容の不備がないのか確認してもらえるので安心です。しかし、通販型自動車保険であれば、それらの確認も全て自分で行わなければならず、不備があったときにはいざというときに補償が受けられないと言ったリスクがあるのが大きなデメリットとなります。